あるコトに気を付けると格安引越しが実現|抜かりなく見積もろう

部屋とダンボール

時間帯で安くなる

荷造り

午後に引っ越す

一人暮らしで荷物の少ない単身引っ越しを検討している方で、なるべく引っ越し費用を安くしたいという方は時間帯をずらすだけでも料金が割安になるのです。普通引越しとなったら、午前中の内に搬入して移動を済ませて午後からは搬出とダンボール開封、家具の設置などに時間を充てたいため、どうしても午前中は引越し予約が集中します。混みあうので料金も割増しになるのです。それであれば、比較的空いている午後に単身引っ越しをすると割安になる傾向があるのです。午後から引越しをすると荷物が多い方は夜まで作業していなければなりませんが、比較的荷物の少なく一人暮らしの学生などは午後に時間帯を変更するだけでも料金が割安になるのです。

時間帯を指定しない

単身引っ越しは午後の時間帯に依頼することで安くなるのですが、さらに料金が安くなる方法は時間帯を指定しないことです。日程は指定しますが、その日のいつの時間になるか分からない単身引っ越しです。時間帯を指定しないことは、引越業者によっては空いている時間に向かうことができるので、また引越し業者は午前中に1件、午後に1件と作業をこなしていきます。その作業が終わった現場に近いトラックが向かってくれるのでコストもかからずに引越し作業ができるのです。そのため安く引越しができるのです。しかし、いつきてくれるかは分からないので、夜になってしまうこともあります。そのため、荷物が少ない単身引っ越し者に向いているプランといえます。